「北の果てのフリージャズ 9」






10月16日(水)



みなさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。



ついに、この旭川では10月中旬というのに「雪」が降りました。
山々では、早くからの冠雪でさすがに街では
日に日に冷たい風が吹いてはいましたが。。。。。




あ〜ぁ、とうとう雪です。
長い冬の始まりです。




こんな時は、たっぷりと音楽に浸って
じっくりと聴き入りたいものです。。。。。。





。。。。。と、いうわけで




今回は【MJQ・ウィズ・ポール・デスモンド】から
バグス・ニュー・グルーヴでの【ジョン・ルイス】のピアノ・ソロを取り上げます。





この有名な「ミルト・ジャクソン」のブルースをMJQが
「ポール・デスモンド」と一緒に演るという変わった面白さがありますが
なんといっても注目すべきは、バッキングとソロにおける【ジョン・ルイス】のピアノです。





「ミルト・ジャクソン」のソロに対するバッキングは伝統的なスタイルですが
装飾的にコードを散りばめるのではなく
バックリフのように、繰り返しを多くしてムードを高めています。
これがシンプルなのですが、出来そうでできない。。。。。。。。。






以前モントルーでのライヴビデオで
ビリーズ・バウンスを「ビル・エヴァンス」と交替で弾くのを見たことがありますが
「エヴァンス」のブルース演奏も珍しく
なかなかレベルの高いもので、さすがだなぁ〜と感心しましたが





その「エヴァンス」のソロの後を次いで
【ジョンルイス】のソロが続いたのですが、これがまた素晴らしく良かった。。。。。。。。
何というか。。。。真実味が違って。。。。リアルなブルースに感じました。。。。。。





単純に言って黒人の人達のブルース感覚・資質の深さが伝わってきて
非常に考えさせられる両者の演奏でした。。。。。。。





それで、ここでの【ジョン・ルイス】のソロですが
「セロニアス・モンク」の“ストレイト・ノー・チェイサー”の様なフレーズで始まり
結局、4コーラス最後まで、このフレーズのヴァリエィションに凝って緊張感を持たせています。





特に、4コーラス目の終り「ミルト・ジャクソン」に受け渡すべく
上昇していくフレーズのところは最高で
なんとも言えない解放感があります。





ブルースに限らず意味のある演奏といったものは
そう、いつも演れるものではないと思いますが
この【ジョン・ルイス】のブルース・ソロは
曲に対する誠実さということで、素晴らしいお手本となっています。







では。







また。








♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

  地元旭川で20年以上営業しているレコード店 
  旭川レコファン(RECOFAN) Aftermath.jp

  旭川レコファン通販サイト
  【Aftermath.jp】http://aftermath.jp/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪













Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM