「北の果てのフリー・JAZZ 8」





6月25日(火)











みなさん。こんにちは。






ここ旭川も、やっと初夏らしい気候になり
このまま気分上々で行きたいものだと思います。







さて、今回も好評のシリーズ【ジャズ・ブルース】として








アルバム【ケニー・ヴァレルの全貌】から
エルヴィン・ジョーンズ作曲の“ダウン・ステアス”を取り上げたいと思います。








今回は、ジャズギター。
そのなかでも、ひときわブルージィーな「ケニー・ヴァレル」とあって
ブルース・ギターの奏法とかなり重なるものがあります。









ここでの「ケニー・ヴァレル」のアドリヴ・ソロは
「チャーリー・パーカー」などのビ・パップ・ブルースともいうべき
細分化されたコード分解的フレーズと違い








ワンコード的、もしくは、ブルース・モード的で
かなり単純な音使いなのですが
何故かカッコよく、スッキリとした流れになっています。









それは、ブルースの音階自体が、ただのスケールではなく
メロディックな雰囲気を含んだモード的なものだと
言えるからでは、ないでしょうか。。。。。。









この曲のアドリブ・ソロで
最初のコーラスの9小節目に出てくるフレーズ Cシャープ→G の音使いが
ディミニッシュ的でカッコ良く
この単純なソロを、ちょっとしたものにしています。









ここで特に感じるのは、ギターはブルースにあっている。。。。。。
ブルースをリアルに演れるのは
【ギター】が一番ということです。。。。。











それでは。










また。










♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

  地元旭川で20年以上営業しているレコード店 
  旭川レコファン(RECOFAN) Aftermath.jp

  旭川レコファン通販サイト
  【Aftermath.jp】http://aftermath.jp/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪













Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM